楽な仕事

楽な仕事正社員転職

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事がつらい・でも辞めたら人生おしまいとお思いの方が多いようですが・・・・

 

 

 

 

 

 

おしまいではないと思います。そんな簡単に人生終わらない

 

 

 

 

 

 

人生仕事が全てでないないけど・会社にいる時間は長いし・・・・

 

 

 

 

 

今の環境に・辛くて・・・・・・でも耐えて病気とかになるよりも・自分に合う会社・精神的に楽な会社を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

精神的に楽な仕事・職業ランキングおすすめ転職相談窓口はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給料が多少低くとも、常にプレッシャーにさらされるような仕事は避けたい

 

営業ノルマや実力主義など常に成績を気にする・人間関係がギクシャクしてストレスが貯まる

 

クレーム対応がメインのコールセンター・サービス残業が多い・土日休めない

 

精神的に楽な仕事や紹介しますので、体調を崩してしまう前にこれらのような

 

仕事をしてみることを検討してみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

楽といえる職種の特徴は

 

 

※ノルマがない

 

 

※電話対応 (コールセンターの一次対応)・クレーム対応がない

 

 

※残業がない・少ない

 

 

※土日祝休み

 

 

※人間関係が良い・風通しの良い職場

 

 

 

 

人気の職種をまとめてみました!!

 

 

 

 

事務職

 

 

 

事務職は精神的に楽な仕事という認識が広まっており人気があります。

 

 

一般的に来客対応や電話の取次ぎ

 

 

書類のファイリングなど雑務全般

 

 

自分のペースで、任された仕事をこなせばいいだけなので、余計な気配りをする必要がないのがメリットです。

 

 

いわゆるコツコツ系の1つといえます。

 

 

求人で人気があるので募集がかかると埋まりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

ビルメンテナンス

 

 

 

 

ネット上で話題の「ストレスのない仕事」といわれビルメンテナンス

 

 

仕事内容はビルの監視室でモニターを見たり、ビルの保全作業や修繕作業をしたり、ボイラーや電気の管理をする仕事内容

 

 

 

ビルメンテナンスは24時間交代勤務が多く、月の勤務日数が10日前後になるということ。

 

 

休みが多く仕事とプライベートの両立がしやすいというメリットがあります。

 

 

デメリットは土日休みたいとか・日勤のみという方にはおすすめはしません

 

 

 

 

 

 

 

 

施設警備員

 

 

 

 

大型のショッピングセンターや複合施設、遊園地・ホテルなどの警備

 

 

道路などの雑踏警備と比べ

 

 

エアコンが効いている職場も多く体力的にも比較的楽といえるでしょう。

 

 

 

施設の巡回や、防犯カメラでの警備などが主な業務。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの管理人

 

 

 

ほぼいるだけ・施設警備に近いものではないでしょうか

 

 

ポスティングの監視や不審者が侵入しないかなど

 

 

警備的な役割

 

 

 

 

 

 

 

 

大学職員・学校事務 安定していて福利厚生もあり

 

 

 

大学職員や学校事務の仕事は安定していて給料も高め

 

の安定職といえるのではないでしょうか。

 

 

その分求人の人気が高く・求人がでたらすぐ人が集まる

 

お宝求人といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

図書館司書

 

 

 

本と向き合うことがメインなので対人関係が苦手な方にも

 

 

 

おすすめな職業です。

 

 

 

求人が少なめのようなのでこまめに求人サイトやハローワークの求人情報
をチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

求人を見つけるおすすめサイトはこちら

 

 

 

 

楽な仕事は人気です。求人情報がでてもすぐに求職者が群がり

 

 

埋まってしまうのが現実です。

 

 

 

おすすめとしてはリクナビネクストに登録していつも求人チェックをするか

 

 

 

転職エージェントに面談して希望を伝えておくのがおすすめ

 

 

 

まだ公に出る前に教えてくれる場合や非公開求人として公に出ない

 

 

 

 

情報を教えてもらえる場合もあります。

 

 

 

 

仕事内容は妥協せず

 

 

 

 

ご自身に合う就業先を見つけて末永く働くのが理想だと思います。

 

 

 

がんばってください(*´▽`*)

 

 

 

 

 

リクナビネクスト

 

 

 

 

 

リクルートグループが運営する『 国内No,1 』の転職サイト

 

 

 

転職求人案件が豊富でまずはどんな求人があるのか調査するのにおすすめ

 

 

余裕があれば職務経歴などを登録しておくと企業からオファーがくる場合あり

 

 

 

スカウト機能を利用してご自身の市場価値を調べるのにも使えます。

 

 

 

オファー内容に年俸などが記載されており、今の年収と比較して高ければ

 

 

 

転職するのも一つの手段ではないでしょうか。

 

 

 

またご自身の強みを発見するためのグッドポイント診断など転職活動に使える

 

 

 

お役立ちツールが無料で使えます。

 

 

 

 

うまく利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

リクナビネクスト 詳細はこちら

 

 

 

 

 

https://next.rikunabi.com/

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

転職実績No.1の人材紹介会社

 

 

初めての転職・転職に失敗した気がするなど不安な方へおすすめ

 

 

また今の会社に残るべきか・転職すべきか悩んでいる場合

 

 

カウンセリングを受けることをおすすめします。

 

 

キャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。

 

 

非公開求人も豊富で一般的な転職サイトでは見ることができない案件の紹介

 

 

面接・職務経歴書対策など様々なサポートが充実

 

 

 

 

リクルートエージェント 詳細はこちら

 

 

 

 

https://www.r-agent.com/

 

 

 

 

パソナキャリア

 

 

 

 

パソナグループの人材紹介サービス。「正しい転職」を実現するために

 

 

 

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティング

 

 

 

求職者の方の強みや希望を考慮し、業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から

 

 

 

キャリアプランを実現するための求人を提案

 

 

 

履歴書・職務経歴書などの書類の書き方、企業毎の面接のアドバイスなどサポート体制も充実。

 

 

 

 

パソナキャリア 詳細はこちら

 

 

 

 

http://www.pasonacareer.jp/

 

 

 

 

DODA

 

 

 

 

業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが求職者のキャリア・

 

 

お持ちのスキルを総合的に判断

 

 

現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理

 

 

「できること」と「やりたいこと」が合致する理想のキャリアを目指し

 

 

現実の企業と求人とを照らし合わせながら選択肢を探るので

 

 

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うこともあります。

 

 

書類選考で損をしないように・・

 

 

人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くためのアドバイス

 

 

面接に不安を感じる方のために

 

 

模擬面接・終了後のフィードバックもあります。

 

 

 

 

DODA 詳細はこちら

 

 

 

 

https://doda.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同業の者で「家族のコネを使ってシステムエンジニアを退職して転職をした」という過去の持ち主がいるが、ほかの業界から来た人によるとシステムエンジニアだった頃のほうが絶対に百倍くらいは仕事が楽だとのこと。
本当に知らない電話番号や非通知設定されている場所から電話が鳴ると緊張する胸中はわかりますが、その気持ちを抑えて第一に自分の方から姓名を名乗りたいものです。

 

 

 

【就活Q&A】面接選考では応募者のどこが悪かったのかについてを応募者にフィードバックさせてくれるような丁寧な企業などはまずない。だから応募者が自分で直すべき点を見定めるのは非常に難しいと思う。
圧迫面接というイヤな面接手法で厳しい質問をされたケースで、無意識に気分を害する人がいます。そうなる気持ちは理解できるのですが、素直な気持ちを表に出さずにおくのは社会での基本といえます。
まさしく覚えのない番号や非通知設定の電話から連絡があると当惑する心持ちはわかりますが、そこを耐えて初めに自分の方から名乗るべきでしょう。
上司の決定に賛成できないからすぐに退職。結局ご覧のような考え方を持つ人にぶつかって、人事担当者は不信感を感じているのです。

 

 

 

 

今の所よりいわゆる給料や職場の待遇がよい勤め先が存在したような際に、あなたがたも別の会社に転職を希望しているのなら往生際よく決断することも大事でしょう。
【ポイント】第一希望からの内々定でないからという理由なんかで内々定に関する返事で困る必要はない。すべての就活を終えてから、内々定をくれた会社からじっくりと選んでください。
続けている就職活動を休憩することについては大きな欠点が存在している。それは現在なら募集をしているところも募集そのものが終了するケースもあるのではということ。

 

 

 

 

一般的に言っていわゆる最終面接で問われるのは、その前の段階の面接の折に既に問われたことと重なってしまいますが、「当社を志望した動機」が抜群に多い質問のようです。
会社ならば個人の事情よりも組織の成り行きを優先すべきとするため、ちょこちょこと合意のない配置異動があるものです。言わずもがな当事者にはいらだちが募ることでしょう。
ただ今就業のための活動をしている企業そのものが本来の志望企業でなかったので、志望動機自体がはっきり言えないというような相談が今の時分にはなんだか多いのです。
何と言っても日本のトップのテクノロジーのほとんどのものが大企業ではなく、中小企業のどこにでもあるような町工場で誕生しているのだ。予想よりも給与および福利厚生についても質が高かったり、発展中の企業もあるのだ。

 

 

 

 

 

現実に、私自身を成長させてキャリアを積みたいとか、今よりもっと自分を磨くことができる場所で試したい。そんな憧れを聞くことがしょっちゅうあります。今の自分は成長していないと感じたときに、転職を考える方が大勢いるのです。
「書ける道具を持参するように。」と記載があれば記述テストの可能性が高いですし、最近多い「懇談会」と記述があるならグループに別れてのディスカッションがなされることが多いです。